喉の粘液:多くの重篤な疾患の症状。喉の粘液の原因を特定する – 成功した治療の鍵

喉の粘液:多くの重篤な疾患の症状。喉の粘液の原因を特定する - 成功した治療の鍵

喉の粘液は 鼻咽頭の上皮によって生成される粘性の秘密。 その助けを借りて、シェルはウイルスの浸透、刺激要因の影響から保護されています。

病状の治療と原因の確立はかなり複雑なプロセスであるため、ENTの医師には、喉の領域で粘液の過剰蓄積(腸閉塞症候群)が観察されるべきである。自己投薬は多くの場合、状態の悪化を招く。患者は腸障害、身体全体の病原性微生物叢の再生を開始する。

過度の粘液形成:非感染性および感染性の原因

喉の粘液は、鼻腔、鼻咽頭から来るか、または咽喉そのものの腺細胞によって産生され得る。粘稠な秘密の過度の形成の主な理由の中で、以下を区別することが慣習的である:

1) さまざまな外部刺激。 余剰痰は、喫煙、規制されていない用量のアルコールまたは炭酸飲料、地域の好ましくない生態学的状況、スパイシーな食品に使用する保護反応として働く可能性があります。この場合、午前中に起きた後に陰性症状が観察される。

2) 炎症、 鼻咽頭に局在する。これらには、副鼻腔炎、副鼻腔炎、慢性咽頭炎、咽頭炎が含まれる。

3)強い 低体温 湿った足で街中にいます。

4) アレルギー反応, 気管支喘息の症状。この場合、人は涙、鼻炎、赤い目、皮膚上の発疹、粘膜の腫れがあるかもしれません。可能であれば刺激因子との接触を完全に制限する必要があります。アレルゲンの働き:ほこり、植物の花粉、動物の毛、食品、カビ。治療の中心には、患者の血液のアレルギー学的検査がある。

5)異なる 肺病変。

6) 消化管の病気. 食道は咽喉と密接な関係がある。いくつかの疾患では、腸の酸含量が気道に入る。粘液分泌の蓄積は、膵炎、胃炎、胆嚢炎で顕著である。粘液の形成は食後に起こる。このような状態のために、胸やけ、爆発の特徴がある。

7) 水の不足 体の中に粘膜の乾燥は、しばしば喀痰の特徴の変化をもたらす。粘性が増し、厚くなります。乾燥空気中では、その状態は悪化する。

8)長期的 血管収縮性滴の使用. その結果、粘膜の腫脹および乾燥が観察され、粘液が鼻咽頭を流れ落ち始める。

異物が咽喉に浸透した場合に生じる分泌量は急激に増加する。体は刺激を取り除こうとします。場合によっては、それに落ちた要素を除去するために医者の助けが必要です。異物は抽出されませんが、状態は改善されません。

粘性分泌の発達は、妊娠、ホルモン変化、老人および鼻咽頭の構造の先天性解剖学的特徴の発症と関連し得る。脳卒中や様々な筋肉疾患のために、身体を正常に浄化するプロセスが中断されることがあります。

喉の粘液:病的状態の症状

咽喉の粘液の蓄積には不快な症状が伴い、重症度の程度は様々である。彼らは以下を含む:

•一定の灼熱感、汗。

•通過しない喉の塊。

•あなたの喉をきれいにする絶え間ない欲求が、咳はどんな救済ももたらさないでしょう。

•嚥下時の痛みを伴う感覚、固形食を食べる際の重度の不快感。

•鼻水、頻繁なくしゃみ。

•発熱性バクテリアの能動的な再生に伴う不快な酸っぱい息。

吐き気、嘔吐の攻撃。

•頸部リンパ節の増加、頭痛、一般的な衰弱。

上記の症状が出た場合は、耳鼻咽喉科医との予約を取るか、伝統的な薬の処方箋の助けを借りて炎症を取り除く必要があります。喀痰中の喀痰中に血液静脈がある場合は、緊急に腫瘍の存在についてのさらなる研究を行う必要がある。

効果的な治療の前提条件は、毎日の食事を変えることです。当時、コーヒー、スパイシーな食品、アルコール、脂肪ミルク、大豆を排除しました。温かいスープ、ローズヒップの煎じ汁、ビタミンCの含有量が高い食品が優先されるべきである。チキンスープは粘液を促進する。患者のための重要なルール – あなたはベッドの前に食べることはできません。

喉の粘液:医者の助けが必要なとき

多くの患者が、咽喉の粘液に不快な症状で対処しようとします。特定の症状がある場合、遅延は重大な合併症を引き起こす可能性があります。医師の助けは、以下の場合に必要です。

1)37.5度を超える体温の上昇は、感染過程を示す可能性があります。

2)体の痛みを感じ、寒さ。

3)粘液、汗および咳は2週間以上持続しない。

4)喀痰中に膿、血液の斑点が認められる。

5)口中の酸味の存在、消化管内の不快な感覚。

6)患者の胸の年齢。

7)粘液の過剰な形成の背景には、胸骨の後ろに痛みがあります。この因子は、肺炎の存在を示す可能性がある。

8)重度の頭痛。

過度の粘液形成の診断

喉に粘液が過剰に形成される最初の徴候が現れたら、その一貫性に細心の注意を払うべきです。暗い色の堅い形成は深刻な病気を示します。効果的な治療の鍵は、正確な診断を確立することです。

医者は間違いなく いくつかの手順:

•患者の愁訴や頸部、リンパ節、甲状腺、腹部の全般的検査の注意深い分析。

•咽頭鏡検査。喉の粘膜の視覚検査は、患者の特別な準備と複雑な器具の使用を必要としない。

•喉頭鏡検査。処置の前に、嘔吐反射の症状を軽減するために飲食を控えることが推奨される。

•生化学的および一般的な血液分析。

•副鼻腔の病変を排除するためには、X線検査が必要になることがあります。

•細菌性喀痰分析。

正確な診断のためには、胃腸科医、神経科医、内分泌専門医の相談が必要な場合もあります。

喉の粘液を治療する主な方法

喉の粘液形成を治療する主な仕事は、病気の原因に影響を与え、不快な感覚を完全に排除することである。平均的かつ重度の病態では、抗菌剤が使用される。利点はセファロスポリンに与えられる。また、ENTの医師は以下の方法を提供することができます:

1)合成薬局薬の使用。今日の市場では、効果的で安全な薬がたくさんあります。 Imbroxol、Carbocestine、Mesna、Bromhexineは喀痰に直接影響を与えます。その結果、それは液化する。

2)すすぎ、ならびに鼻と喉の紅潮。この手続は3年間から実施することが認められている。フラシリンとマンガンの溶液を用いて広い分布が得られた。うがいはミラミスチン、クロルヘキシジンで可能です。ヨクソム。

3)抗ヒスタミン薬(ロラタジン、スペプシンチン)のアレルギー成分を決定する複合体の任命。

4)擦り、温度の不在下でのみ許される。アルコール、ヤギ脂肪で蜂蜜を使用することは許されています。

5)免疫調節剤の使用。身体自体の防御の刺激は、短時間で問題に対処するのに役立ちます。

6)マッサージ、理学療法練習、呼吸練習。

7)得られた結果を修正するために、ポリクリンの状態で理学療法のコースが行われます。

子供の喉の粘液

小児の鼻咽頭における過度の粘性分泌物を診断する場合、治療は複雑でより慎重である。特に危険なのは、看護患者の粘液の蓄積です。ほとんどの場合、小児では、陰性症状は アデノイド

赤ちゃんの粘膜は非常に敏感なので、使用される手段はすべて 節約効果. 積極的な薬物は組織に損傷を与える可能性があります。医師は薬剤の投与量、使用頻度に注意を払う。

子供の喉の粘液で高効率は、銀のコロイド溶液を示しています – Protargol。 その使用のために、細菌は破壊され、粘性分泌の分泌は減少し、乾燥効果が達成される。粘液の量を減らすと、呼吸訓練に役立ちます。

喉に粘液があると、子供は溶液で喉の灌流を処方される 海塩 植物成分を加えたものです。その結果、組織再生の促進、粘膜の湿潤が注目される。

去就者として、子供たちが提供することができます: 大根の蜂蜜、カンゾウシロップ、松の茎からのジャム。 場合によっては、陰性症状を排除するためにアデノイドの除去が必要な場合があります。保守的な治療が結果をもたらさない場合、手術は極端な対策です。

任命 抗生物質 病理の細菌性を診断することが望ましい。消化管の負担を軽減することができる好ましい味の懸濁液の形態の調製物が好ましい。

子供の粘液 標準である可能性があります。 乳児では、粘膜の秘密は、鼻の通路の狭い内腔により流れ落ち、鼻を吹くことができない。

喉の粘液:民間療法のレシピ

場合によっては、投薬に頼ることなく病気を打ち負かすことが可能です。工具を使用する前に、専門家に相談してください。咽喉部の粘液の蓄積は、以下によって処置することができる:

1) 喉をすすぐ。 最もアクセスしやすい方法は、塩、ソーダ、ヨウ素の使用です。効果を最大にするために、すすぎは3時間ごとに実行されます。解決策を準備するときには、沸騰した水のガラスで満たされた塩とソーダのティースプーンが必要です。使用前に、数滴のヨウ素を製品に加える。リンスは、カモミール、カレンデュラの煎じ薬の助けを借りて行うことができます。

2) 吸入。 喉の粘液を治療する実績のある方法はジャガイモです。野菜は準備が整うまで掃除し、調理します。その後、ジャガイモを混練し、同時に少量のソーダを加えることをお勧めします。病気の人は、ブランケットで覆われたパンの前に座るべきです。あなたは暖かい空気を呼吸する必要があります約10分。最初の数分で蒸気が非常に暑いので、あなた自身を燃やさないことが重要です。

3) 圧縮する、 液状化および痰の排出を助ける。この効果は、鼻咽頭全体で複雑である。これを行うには、あなたのコテージチーズをよく絞って、布に包んで首を包む必要があります。圧縮の上には、ポリエチレン、温かいスカーフで固定されています。この手続きは夜間に行うべきです。

4)使用 天然植物油. 粘液の治療では、ユーカリ油は長い間使用されており、内部で使用することは厳しく禁じられています。最も効果的な方法は、スプレーガンに資金を追加することです。

5)スロートの潤滑 プロポリスのアルコールチンキ。

6) ラビング 品質の未精製油と塩の首の前面。

粘液分泌の形成を減少させるために、3年間の葉 アロエ, 蜂蜜と混ぜ合わせて混ぜる。各食事の後に大さじに使用されます。条件を緩和するために、温かいミネラルウォーター(Borjomi、Essentuki)をハチミツで使用するのに役立ちます。

重要: 時間を守ったフォークレシピでも体に害を及ぼす可能性があります。数日後に症状が改善しない場合は、自己投薬を中止し、最寄りの医療機関に助けを求めるべきです。

喉の粘液の形成を防ぐ

粘液喉の過度の形成の防止は、基本的な規則の遵守にあります:

•痰の肥厚に悩まされないよう、毎日できるだけ多くの液体を飲む。自然な蜂蜜を加えた一杯の暖かい水で一日を始めるべきです。

•マンション、作業室で通常の湿度を維持してください。

•定期的に水の手続きを行い、個人衛生ルールを守ってください。

•既存の悪い習慣を放棄する。

•できるだけ多くのメロディーを口を閉じてハミングさせるように、声の振動は痰に役立ちます。

•風邪のピーク時に薬学的オキソリン軟膏を使用する。

•身体活動、ビタミンによる免疫の増加。

•染料、家庭用化学薬品、有毒なフュームから離れてください。

•ENTの医師に1年に少なくとも1回は訪問してください。

•ベッドの頭を少し持ち上げます。

•ストレス状態、不必要な心配および感情を避ける。

鼻咽頭における分泌物の蓄積は、ほとんどの場合、疾患またはアレルギーの存在を示している。理由を早急に見つけ出し、治療を開始する必要があります。

Loading...