症状のない子供の体温は、すべて考えられる原因です。両親の手当。

症状のない子供の体温は、すべて考えられる原因です。両親の手当。

多くの母親の体温計の列が37度を超えて登ると、少しのパニックが起こります。また、赤ちゃんの体温が38以上であれば、追加の徴候が完全になくなり、両親の心配や気持ちが外れます。

時には、光熱は、子供の生物と外部刺激との全く正常な反応であるが、無害な状況も少ない。したがって、両親は無症候性の発熱の可能性のある原因を認識し、正しい判断を下すべきである。

追加症状なしの温度の主な原因

1.過熱

子供の体温調節の最初の5年間は十分に開発されていません。温度インジケータのわずかな増加は、致命的な理由につながります。

– 暑くて邪魔な部屋での赤ちゃんの長期的な存在。

– 積極的な夏の太陽。

– あまりにも暖かくてタイトな服。

– 長くて過度のモバイルゲーム。

– 赤ちゃんを包み込み、長く太陽の下でベビーカーを見つける。

これらの場合、温度は37℃から38.5℃に上昇する可能性がある。ママは赤ちゃんを日陰に置き、余分な衣服を取り除き、飲み物を与え、冷たい水で赤ちゃんの体を拭いてください。部屋は換気がよくなければなりません。温度上昇の理由が過熱している場合、温度計のカラムは1時間以内に正常な数値に落ちます。

2.歯が破れている

いくつかの子供は、歯のために異常な温度が存在すると両親を恐れているが、医者はこの点で異なる。それにもかかわらず、ママが腫れた赤くなった歯茎を見て、赤ちゃんが落ち着きがなく食べたくない場合は、理由の1つがこのようなものかもしれません。温度計の最大表示は38°Cです。通常、このインジケータは2〜3日間表示されます。特別な麻酔のゲル、豊かな熱、あまりにも移動するゲームのキャンセル、そしてもちろん、母親の注意と愛情の増加を助けるという被害者の状態を緩和する。

3.ワクチン接種に対する対応

いくつかの子供はワクチンの導入に対して熱反応を示す。しかし、この場合、温度は38〜38.5度に上昇し、2〜3日間持続するが、赤ちゃんはさらに不愉快な感覚を経験しない。

ウイルス感染の存在

初日に狡猾なウイルスは、母親が心配するとその原因の可能な選択肢を整理させ、比較的高い温度の存在により顕在化することができます。しかし、2〜3日目には、ウイルス感染を正確に示す、咳、鼻水、発疹または赤みを帯びた喉の病気に関連する症状があります。ドリンク、新鮮な空気と部屋で20-22度の温度、穏やかpribolevshy赤ちゃんの多くを提供 – 薬の温度を撃墜するために急いではいけない、それは彼女の子供の体に対する効果的な戦いのための快適な条件を作成するのが最善です。湿った皮膚の拭き取り、汗ばんだ衣類のタイムリーな交換、注意と静かなコミュニケーションは、子供の状態を緩和します。忘れないで!ウイルス感染のための抗生物質は効果がありません。

5.突然の出血

ウイルス感染には、この病気が含まれ、9-24ヶ月の間に乳児の感染が最も多いことが多い。この病気はヘルペスウイルスによって引き起こされ、他の症状のない38.5-40度の温度の発熱によって現れる。しかしすぐに、斑状の丘疹があり、おそらくリンパ節の増加(頚部、顎下、後頭)があります。この病気のすべての徴候は約5-6日後に消える。

細菌感染

急性呼吸器ウイルス感染後、および場合によっては独立して、細菌感染が起こりうる。病気の最初の日には、医師だけが時々能力があることに注意するために、いくつかの兆候が特徴です。この理由から生じる疾患には、

– アンギナ – 扁桃腺のプラークおよび膿疱、嚥下時の痛み、高熱。子供は1年以上しか病気ではなく、2年後にはより頻繁に病気になります。

– 口内炎 – 口腔粘膜上の摂食、唾液分泌、発熱、小胞およびびらんの拒絶;

– 耳炎 – 子供は食べない、変態的で、病気の耳をつかむ、温度が上がる。

– 咽頭炎 – 赤ちゃんの首が赤く、発疹やびらんがあります。

– 尿生殖器系感染症は、3歳までの小児ではしばしば起こる。ときどき気温が上昇したり上昇したりすると、気持ちの良い徴候にならないことがあります。嘔吐時の痛みとその加速です。診断を明確にするためには、尿検査を行う必要があります。

子供の発熱の他の原因のうち、他の症状がなければ、先天性心疾患、皮膚または粘膜の炎症を起こした創傷、アレルギー反応に注意する必要があります。

子供が症状のない熱を持っている場合、母親は何をすべきですか?

温度が上昇すると、感染していない、または好ましくない外的影響を伴う子供の生物の闘いの兆候となります。パニックに陥って解熱剤をすぐに与えないでください。まず、触感に頼らずに温度を測定する必要があります。赤ちゃんに先天的異常や慢性疾患がない場合、母親の行動は次のとおりです。

– 37〜37.5度の温度では、薬物暴露は必要ではなく、体はそれ自身の問題に対処しようとする。

– 温度計の測定値が37.5〜38.5度の範囲であれば、母親が濡れて子供を拭いたり、部屋を空にしたり、豊かな温かい飲み物を提供したりするだけで物理的な介入が必要です。

– 38.5度以上の温度は解熱薬を必要とする。ほとんどの場合、赤ちゃんにはパナドール、ニューロフェンなどの薬が与えられます。各母親は、同様の状況のた​​めに準備を整え、医師との事前協議の後、医学室に必要な救済措置を講ずるべきである。

解熱剤を摂取した後に急速に温度が下がれば、すぐに再び前のレベルに上昇すると、これは麻疹、水痘、風疹などのウイルス感染の存在を示している可能性があります。そのような場合は、あなたの家に医者を招待してください。

症状がない場合の温度上昇 – 医師に相談する場合

熱が4日目または5日目に持続する場合、小児科医に子供を示す必要があります。症状は、炎症または細菌感染の病巣の存在を示し得る。血液や尿の分析は、医師が画像を明確にし、効果的な治療を処方するのに役立ちます。しかし、専門家の助けがすぐに必要となる状況があります。赤ちゃんが持っている場合は、救急車に電話してください:

– 鋭い蒼白と嗜眠;

– 呼吸困難;

– 解熱鎮痛剤を摂取することの背景にある温度の上昇。

– 痙攣。

高温になると病気の明白な徴候がない場合、赤ちゃんに注意し、無人で放置しないでください。ママの仕事は、子供が異常な状態に対処し、その原因を見つけるのを助けることです。

亜熱帯温度 – それはどういう意味ですか?

時には赤ちゃんは非常に快適で、苦情もなく、時折温度が測定されるだけで、37-38度の範囲で上昇することがわかります。このような状態は1ヶ月間持続することができ、医師によって準熱性温度として決定される。子どもの体内の温度信号の長期的な上昇が秘密に流れていることから、外見上の外見は偽りである可能性があります。このように特徴付けられる疾患は、多くのものである:貧血および蠕虫侵襲、アレルギーおよび糖尿病、脳疾患および様々な隠れた感染症。特別な診断テストとテストでそれらを検出します。

絶え間なく高い温度の影響を受けて脆弱な子供の体が経験する一定のストレスを考えると、医者への訪問を遅らせることは価値がない。おそらく、内分泌学者、神経病理学者、耳鼻科医、免疫学者などの専門家の相談が必要です。赤ちゃんを慎重に調べるだけで、必要な治療法を正確に診断し、処方することが可能になります。低悪性度の発熱の理由は、免疫の低下、体温調節の障害、感染性および炎症性プロセスであり得る。

診断が隠れた感染の存在を排除する場合、子供の身体の保護力を高めることに注意を払う必要があります。屋外での長時間の歩行、適切な栄養、健全な健康的な睡眠 – すべてのこれらの措置は免疫力を高め、体温計の正常な徴候に戻ることを可能にする。

幼児の症状がない温度

新生児は体温調節系が確立されていないので、赤ちゃんの体温が37〜37.5度になると気になるはずがありません。もちろん、食欲を伴う赤ちゃんが食べると、早く眠っていて、気まぐれではありません。温度が上がると、薬の使用に頼らないでください。医師の助言を受けることが望ましいです。過熱を避けるために、赤ちゃんを包み込む必要はなく、部屋の空調を怠ることはありません。

症状のない温度でKomarovsky博士

圧倒的多数の若い母親によって信頼されている医師は、夏には症状を伴わない発熱の主な原因は、過熱過熱と寒い時期にはウイルス感染であると考えています。このような場合には通常、両親の半分がすぐに医師に相談し、残りは赤ちゃんを見ながら少し待つことを好みます。母親が医者の顧問を雇った場合、子供の健康のための闘いには、すでに2つあります。これは常により安全でより良いものです。特定の徴候の出現を待つ場合、医療機関への申請が必須となる理由を覚えておく必要があります。

温度上昇後3日目には、改善は見られず、すなわち、温度計カラムは数回の分割によっても低下していない。

2. 5日目には温度はまだ保たれていますが、それはすでに正常になっています。

あなたは、発熱を減らすシロップではなく、部屋の加湿、定期的な放映、豊富な飲酒で始めることが必要な病気と戦ってください。つまり、赤ちゃんの生物が病気と戦うことができる最も快適な条件を作り出す必要があります。

Komarovsky博士の温度上昇の理由:

– 非感染性 – 過熱;

– ウイルス感染は自分自身でなくなってしまいます。特徴は明るいピンク色の肌です。

– 発疹、下痢、喉の痛み、耳など、すぐには感じられないような症状を伴う細菌感染症。皮膚は通常薄く、赤ちゃんは無情で無関心です。これは、細菌による毒素の放出のために、診断のほぼ100%の確認である。これらのケースでは、医師は抗生物質治療を使用して、問題に効果的に対処します。

Eugene Komarovskyは単に気温を上げるだけでは特に脅威にはならないと考えていますが、後で遅くなることを避けるためには医師に相談するのが良いでしょう。

Loading...